まんだらけ 札幌店 ヴィンテージ 毎日入荷情報

思い出探し、未知への挑戦、果ては夜のお供まで…出来る限りあなたのお力添えになりたい。笑顔の為ならひと肌脱ぎます。 おゝい・いわき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実存ホラー漫画家 日野日出志を読む 母胎回帰と腐れの美学 清水正

SANY0083.jpg皆様も子供時分には最低でも、回し読みした経験はおありでしょう日野日出志作品。本日は文学評論家、清水正氏の評論本をご紹介。
日野日出志作品関連なので、敢えてこちらで場をお借りいたしました。おゝいです。

わたくしは小学生のコロから回し読みなんてケチ臭い事をせず、古書店に行く機会があれば(田舎だったので古書店は近所にない)氏の作品を100円以下で見つけ買い漁り(当時安かった)、お金持ちI君の機嫌を取りご褒美に彼のコレクションから頂いたりっていう、目的の為ならある程度の痛みも辞せず、というカンジで徐々にコレクションを増やしていきました。
様々なシーンが思い出されますが、特に印象に残っているのは『地獄変』で肉の塊になったヤクザな弟を、母親が鞭でいたぶるシーンが特に忘れられません。ですので昔ススキノにあったヤプーの館の女王様のムチ捌きも忘れられません・・・。

文学の楽しみ方、愛し方、解釈の仕方は人それぞれですので、それほど感慨深くなる事はそうないですが、こちらの批評本に関しまして愛情と意地みたいなものを感じ、『蔵六の奇病』『赤い花』『水の中』『幻色の孤島』のこの短編を、本編を読まずとも理解できるようコマ毎に解釈しており、その仕事振りには繊細さを感じます。時にはしつこい感じも受けましたが、見せつけるような小難しさも感じさせず、共感できる解釈をされていました。
カンケーないですが、何年か前に『パフューム ある人殺しの物語』ていう洋画みたときに『赤い花』が思い出されましたです。その天才香水調合師は、究極の香水を作るために行き着いた原材料は美女たちが持つ素の匂い。最初は突発的だったにしろ、美女達を殺めてから調合していくんですが。究極の作品を追い求め創造するためには、人を手にかけてもっていう点では『赤い花』の美花園の男も一緒ですなあ。

ところでこの『日野日出志を読む』の楽しみ方は評論のほかに、『全作品目録』(銅羅衛門載ってるよ)、『全単行本目録』(カラーなので壮観だよ、映像だけどギニーピッグも載ってるよ)、『写真年譜』(三島由紀夫に傾倒していたのが丸判りの写真などマン載だよ)を、日野日出志自ら編集している点です。氏が生み出す世界の一旦を、この写真年譜から感じられると思います。作品目録は眺めるでも、自分のコレクションのチェックリストとして使用するでもよろしいかと。

そしてオマケとして、当社中野副店長著『マンガけもの道』当社限定購入特典の小冊子の様な、『栞(しおり)』という名の別冊小冊子も付いています。ちなみにその16pの栞の内容は、日野日出志自身、その他文化人の寄稿となっています。

SANY0084.jpgSANY0087.jpgSANY0088.jpg











その他にも、最近ひばりヒットが入荷多しです。もちろん日野日出志作品も入荷中。
アレ?処理する人間がいないなあ、どこいったんだ・・・? ああ、中野店の記憶にいました・・・。ウソです。わたしやります。健太やります。

『実存ホラー漫画家 日野日出志を読む 母胎回帰と腐れの美学』清水正 D文学研究会
2004年12月10日初版
状態:並/カバー少イタミ
価格:1,575円
担当:おゝい

その他もいろいろ上げてます。【札幌店ヴィンテージ通販】はこちら☆クリックですてきなことがおこるかも☆

これ以外にもモリモリ更新中!【札幌店ヴィンテージ毎日入荷情報】お見逃しなく

ここからカンケイないけどミニカー通販はこちら!!
  1. 2010/11/03(水) 14:45:53|
  2. 漫画

ご注意点

掲載の情報が販売情報の場合
  • 掲載商品についてのお問い合わせは(指定がある場合は上記コメント内に記しておりますのでご確認ください)開店30分後からの受付となっております。各店の開店時間は、店舗情報にてご確認ください。
  • 掲載の商品は店頭でも販売するため売り切れる場合がございます。
  • 商品の探求は、専用の探求フォームをご利用ください。
掲載の情報が買取情報の場合
  • 掲載の買取価格は商品状態、在庫によって予告なく変動します。

お問い合わせ (営業時間:12:00~20:00)

まんだらけ 札幌店(詳しい店舗地図はこちら)
〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1 NORBESAビル2F
TEL 011-207-7773 / e-mail sapporo@mandarake.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。