まんだらけ 札幌店 ヴィンテージ 毎日入荷情報

思い出探し、未知への挑戦、果ては夜のお供まで…出来る限りあなたのお力添えになりたい。笑顔の為ならひと肌脱ぎます。 おゝい・いわき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

COM増刊「クレオパトラ」とアニメ主題歌シングル「クレオパトラ」合わせて出します 手塚治虫&坂口尚

子どもの頃、クレオパトラが真珠をお酢に入れて飲み干すのを「おいしそうだなあ」と思ってました。

------------------------------------------------
「COM増刊『クレオパトラ』」は売り切れました。ありがとうございました。
------------------------------------------------


クレオパトラCOM

クレオパトラ/原案・監修/手塚治虫 まんが/坂口尚
虫プロ COM増刊
昭和45(1970)年10月5日発行
状態:並/表紙小ヤブレ、本文小しみ
2,100円

虫プロが大人のためのアニメ映画として制作した「アニメラマ」シリーズの2作目。アニメラマといえば3作目があの名作「哀しみのベラドンナ」ですね。これは私も観ました。
大人向けというだけあって、描写もちょっぴりセクシー。本書はそれのコミック版で、坂口尚先生が作画を担当されています。
虫プロだけに大変手塚ライクなんですが、個人的には坂口先生の描く女性の方が手塚先生のそれよりも好みです。
本作は誰もが知っているクレオパトラの人生を、なんと近未来をからめたSFとして仕立ててしまった大胆な1本。
最初は醜女であったクレオパトラが整形(?)によって美しく生まれ変わり、そこから運命は変わっていった…という、
今までにないお話になっています。
元アニメーターというだけあり、坂口先生の線にはすごく動きがあって紙面の中で動き出しそうです。イキイキしてます。

今回はCOM増刊だけでなく、アニメ版主題歌入りのシングルもいっしょにご紹介。

クレオパトラレコード

クレオパトラ EP-1248
東芝音楽工業株式会社
状態:ジャケット/小しみ 盤面/並
2,100円

由紀さおりが歌う「CLEOPATRA IN THE NILE(クレオパトラの涙)」と、六文銭「SONG OF THE GUERILLA(ゲリラの歌)」を収録。
ぜひ合わせてどうぞー。ショーケースに展開します。

担当 いわき


これ以外にもモリモリ更新中!【札幌店ヴィンテージ毎日入荷情報】お見逃しなく!
  1. 2010/01/16(土) 21:00:00|
  2. 雑誌

ご注意点

掲載の情報が販売情報の場合
  • 掲載商品についてのお問い合わせは(指定がある場合は上記コメント内に記しておりますのでご確認ください)開店30分後からの受付となっております。各店の開店時間は、店舗情報にてご確認ください。
  • 掲載の商品は店頭でも販売するため売り切れる場合がございます。
  • 商品の探求は、専用の探求フォームをご利用ください。
掲載の情報が買取情報の場合
  • 掲載の買取価格は商品状態、在庫によって予告なく変動します。

お問い合わせ (営業時間:12:00~20:00)

まんだらけ 札幌店(詳しい店舗地図はこちら)
〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1 NORBESAビル2F
TEL 011-207-7773 / e-mail sapporo@mandarake.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。