まんだらけ 札幌店 ヴィンテージ 毎日入荷情報

思い出探し、未知への挑戦、果ては夜のお供まで…出来る限りあなたのお力添えになりたい。笑顔の為ならひと肌脱ぎます。 おゝい・いわき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

少年少女21世紀のSF3 ソレマンの空間艇

すんませんお待たせしました!今日はSFですよ~。

ソレマン函ソレマン中身

ソレマンの空間艇/石川英輔
金の星社 少年少女21世紀のSF3
昭和44年2月5日発行
状態:函付/函小いたみ/本体見返しに小剥がれ(画像参照)

浅間山に登山ハイキングに来た山波先生と文夫くん。
頂上まで来た処で火口の真上に謎の光の塊が現れ、山波先生と文夫くんはその謎の光の塊に捕らわれてしまいます。
中には見たこともないような機械に、明らかに地球人ではない不思議な男の人が…
遠い遠い星からやってきたと言う彼は、二人に協力して欲しいと頼みます。衰弱した宇宙人の彼の真意とは…?
というお話。
SF、中でも子ども向けSFはとにかく「文章でどこまで見たことのない装置や生き物を表現し、
読み手に想像させることが出来るか」というのが重要なポイントになると思うんですが、
この「ソレマンの空間艇」はその点においてグンバツ。詳細に書いてあるわけでもなく挿絵もそこまで多くないんですが、
空間艇の内部や宇宙人である「艦長」の表情、山波先生と文夫くんの会話が聞こえてくるみたいに伝わってきます。
半透明でつるつると継ぎ目のない壁が続き、眠る時は無重力室、エンジン音も機械の機動音もなく
起動中の機械たちは美しい光を放つ…私も空間艇乗ってみたい!

読みやすく理解しやすい文章で、冒険ありはらはらどきどきあり、そして感動もあり。
「これぞSF!」と言った感。
ネタバレになるのでかけませんが、空間艇は大変な目にあうし、艦長も大変な目にあうし、もちろん山波先生と文夫くんも大変な目にあうし…
なんかもうほんと読んでください。めちゃくちゃ面白いです!ほんと読んでください!

見返しの小さなはがれですが、こんな感じです。
ソレマン見返し
宇宙服のふたりが指差してくれているので大変分かりやすい。

担当 いわき

これ以外にもモリモリ更新中!【札幌店ヴィンテージ毎日入荷情報】お見逃しなく!
  1. 2009/12/27(日) 21:00:00|
  2. 児童書&図鑑

ご注意点

掲載の情報が販売情報の場合
  • 掲載商品についてのお問い合わせは(指定がある場合は上記コメント内に記しておりますのでご確認ください)開店30分後からの受付となっております。各店の開店時間は、店舗情報にてご確認ください。
  • 掲載の商品は店頭でも販売するため売り切れる場合がございます。
  • 商品の探求は、専用の探求フォームをご利用ください。
掲載の情報が買取情報の場合
  • 掲載の買取価格は商品状態、在庫によって予告なく変動します。

お問い合わせ (営業時間:12:00~20:00)

まんだらけ 札幌店(詳しい店舗地図はこちら)
〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1 NORBESAビル2F
TEL 011-207-7773 / e-mail sapporo@mandarake.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。