まんだらけ 札幌店 ヴィンテージ 毎日入荷情報

思い出探し、未知への挑戦、果ては夜のお供まで…出来る限りあなたのお力添えになりたい。笑顔の為ならひと肌脱ぎます。 おゝい・いわき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

微笑剣 臣新蔵 長編コミック傑作集

微笑剣微笑剣/臣新蔵
芳文社 長編コミック傑作集4
昭和43年11月16日発行

本日は平田弘史先生の実弟・臣新蔵先生の作品をご紹介。兄弟そろって高名な劇画作家とは…

表題作「微笑剣(びしょうけん)」は、自分を騙し操を奪った上に父親を殺し去った男に復讐せん!と、
情もやさしさも捨て修羅となり旅に出る女・小笹の物語。
「女人がかよわい細腕で 強敵を倒さんとするには…
秘すべき所をのぞかれながら常心を失わず 笑みをたたえる この心得じゃ 笑うてみよ」
人を殺す術を教わりに来た主人公・小笹が師匠に言われた一言です。強引にM字開脚させられた状態で!
パッカーンな状態でも笑え!と言われたら笑えるかどうかは今の私には解りませんが、逆に言えばそういう状況で微笑を絶やさずに平常心でいられる心というのはかなりの強度ですね。
実際小笹もはじめは理解こそできなかったものの、のちに自分の美しい肉体、そしてこの微笑を武器にバンバン男どもを手玉にとり、そして殺めていきます。
つねに微笑を絶やさず平常心を、というのは処世術として大変美しい表現ですね。やってることは汚いかもしれませんが…
詳しくは伏せますが、タイトルの微笑とは反比例して少し悲しいラストであることだけお伝えしておきます。

なお、臣新蔵先生はあの「シグルイ」より先に無明逆流れを漫画化しています。シグルイは大好きで新刊が楽しみなまんがのひとつなので、多分全然違った視点で描かれているであろう臣先生のほうも読んでみたいです。

担当 いわき
  1. 2009/08/03(月) 12:00:00|
  2. 雑誌

ご注意点

掲載の情報が販売情報の場合
  • 掲載商品についてのお問い合わせは(指定がある場合は上記コメント内に記しておりますのでご確認ください)開店30分後からの受付となっております。各店の開店時間は、店舗情報にてご確認ください。
  • 掲載の商品は店頭でも販売するため売り切れる場合がございます。
  • 商品の探求は、専用の探求フォームをご利用ください。
掲載の情報が買取情報の場合
  • 掲載の買取価格は商品状態、在庫によって予告なく変動します。

お問い合わせ (営業時間:12:00~20:00)

まんだらけ 札幌店(詳しい店舗地図はこちら)
〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1 NORBESAビル2F
TEL 011-207-7773 / e-mail sapporo@mandarake.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。