まんだらけ 札幌店 ヴィンテージ 毎日入荷情報

思い出探し、未知への挑戦、果ては夜のお供まで…出来る限りあなたのお力添えになりたい。笑顔の為ならひと肌脱ぎます。 おゝい・いわき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小次郎三世 水島健一郎 漫画ゴラクコミックス

小次郎小次郎三世/劇画・水島健一郎 原作・葉山伸
日本文芸社 漫画ゴラクコミックス
昭和48年6月10日発行

ご職業は?って問いに、「勝負師(ギャンブラー)だ…」って答えはかっこいいですよね。二次元限定ですが…
しかしやはり憧れを抱く人は多いようで、勝負師モノのまんがは数多く存在します。
今日ご紹介の「小次郎三世」もそんな勝負師モノ作品です。劇画で勝負師モノっつーとわりと正統派な感じがしますし、実際私も読む前はそう思ってたんですが、
この水島先生の作品はちょっとちがいます。

世界をまたにかけ、金も勝負も女もコマす!そんな小次郎三世が主人公。
ラスベガスと勝負師と女といえばエッチなシーンも頻発なんですが、事あるごとに小次郎は


小次郎モノホシザオ

こういった自己紹介をします。モノホシザオ。
このコマでも結構わかると思うんですけど、水島先生は類まれなる「止まってる描写」の名手ですね。他の名手はかの楳図先生や好美のぼる先生がいらっしゃるんですが、水島先生もかなりのものです。

小次郎タクシー

タクシーから駆け下りる、ってだけで3コマ。たまりません。全編よどみなくこの感が続きます。
絵は上手いので余計にこの止まってる感が際立ちます。最高です。

ちなみに、札幌店きってのヤンキーとか日刊プロレスバカ一代に言われてる私ですが、賭博には全く興味がありません。パチンコは一度だけやりましたが完全にエヴァ目当てでした。
いくら外見がヤンキーだからって内面に染み付いたオタク心は払拭することはできないのですよ…永遠に…まあする気もないんですけど…

担当 いわき
  1. 2009/07/26(日) 12:00:00|
  2. 雑誌

ご注意点

掲載の情報が販売情報の場合
  • 掲載商品についてのお問い合わせは(指定がある場合は上記コメント内に記しておりますのでご確認ください)開店30分後からの受付となっております。各店の開店時間は、店舗情報にてご確認ください。
  • 掲載の商品は店頭でも販売するため売り切れる場合がございます。
  • 商品の探求は、専用の探求フォームをご利用ください。
掲載の情報が買取情報の場合
  • 掲載の買取価格は商品状態、在庫によって予告なく変動します。

お問い合わせ (営業時間:12:00~20:00)

まんだらけ 札幌店(詳しい店舗地図はこちら)
〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1 NORBESAビル2F
TEL 011-207-7773 / e-mail sapporo@mandarake.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。