まんだらけ 札幌店 ヴィンテージ 毎日入荷情報

思い出探し、未知への挑戦、果ては夜のお供まで…出来る限りあなたのお力添えになりたい。笑顔の為ならひと肌脱ぎます。 おゝい・いわき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハーレムはおことわり! 藤原栄子

ハーレムはおことわりハーレムはおことわり!/藤原栄子
集英社 マーガレットコミックス
1973年4月20日 初版発行
1973年11月30日 2版発行
状態:ノドワレ/本体小しみ/ビニカバイタミ
2,625円

藤原栄子先生の作品はわりと好きでいくつか読んでおり、過去にこのコーナーでも何作か紹介していますね。
どこらへんがいいのかというとポイントがいくつかあり、
・服装がたいそうオシャレな部分
・女の子がしっかりと意思を持っており、強い部分
・作品的に力ずくで乱暴な部分
ここら辺です。一番下のはちょっと誤解を招きそうなんですけども、なんていうか力ずくなんですよ…展開とかストーリーとか。でも最終的にハッピーエンドで、読んでる間も楽しいんです。
今の時代だったら確実に受け入れられないだろう感。今日ご紹介の本作も、そんな力ずくな力強さに溢れています。

取材のためにという名目で旅立ったきり戻ってこない恋人にシビレを切らし、ついにアラビアまで追いかけてきた主人公・サンディ。
恋人のチェリルがアラビアで何をしていたのかというと、アラビア王族のハーレム制度に疑問を持ち、ハーレムの女の子達を勝手に開放したりと「ハーレムつぶし」の真っ最中でした。
サンディはサンディでその企画に乗っちゃうし、自分にマジでほれてくれた王子様に向かって「あたしは一夫多妻制なんて大きらい!」とか叫ぶし、これは国際問題に発展しかねませんね…無知ってこえーなー…
しかし、そんだけメチャクチャやってもハッピーエンドになってしまうのが栄子マジックのすごいところです。

強引にでもひっぱってもらって幸せ掴みたいわ!って方は藤原栄子作品読みましょう。スッキリできます。

担当 いわき
  1. 2009/07/24(金) 21:00:00|
  2. 漫画

ご注意点

掲載の情報が販売情報の場合
  • 掲載商品についてのお問い合わせは(指定がある場合は上記コメント内に記しておりますのでご確認ください)開店30分後からの受付となっております。各店の開店時間は、店舗情報にてご確認ください。
  • 掲載の商品は店頭でも販売するため売り切れる場合がございます。
  • 商品の探求は、専用の探求フォームをご利用ください。
掲載の情報が買取情報の場合
  • 掲載の買取価格は商品状態、在庫によって予告なく変動します。

お問い合わせ (営業時間:12:00~20:00)

まんだらけ 札幌店(詳しい店舗地図はこちら)
〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1 NORBESAビル2F
TEL 011-207-7773 / e-mail sapporo@mandarake.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。