まんだらけ 札幌店 ヴィンテージ 毎日入荷情報

思い出探し、未知への挑戦、果ては夜のお供まで…出来る限りあなたのお力添えになりたい。笑顔の為ならひと肌脱ぎます。 おゝい・いわき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

くっとろい奴 青雲の巻 ビッグ錠 漫画ゴラク・コミックス40

ゴラクコミックスくっとろい奴くっとろい奴 青雲の巻/劇画・ビッグ錠 原作・牛次郎
日本文芸社 漫画ゴラク・コミックス40
昭和48年11月10日発行

愚鈍で何をやってもとろくさい…そんな人のことを「くっとろい奴」と言うそうです。
見てくださいこの表紙。いかにもくっとろそうな彼がふんぞり返ってますね。キレーなナオンに囲まれて…正直憎たらしい彼が主人公・一平太です。
一平太はキャバレー・処女の泉に勤めるしがないボーイ。見た目や振る舞いはタイトルどおり一見くっとろいんですが、腹の中では常に鋭く考え、それが表に出ないようにうまいこと実行し、まわりの信頼を着実に得てゆく侮れない男です。
社会的信頼も掴み、ナオンのハートもガッチリ掴み…のし上がっていくわけですね。
この頃の劇画ってブサイクで愚鈍そうな主人公がじつはやり手、っていうサクセスストーリーが多いですが、時代的なもんなんでしょうか。もちろん彼らはサクセスするまでに色々と手をつくして掴むべき栄光を掴んでるわけで、感情移入しやすく好感が持てます。
しかし同じストーリーで主人公が美形だと「ハンサムは何やってもうまくいくに決まってんだろ」という気持ちになるから人間って不思議ですね!え?ならない?これだからハンサムは…
というわけで一平太みたいな主人公、好きです。まあブサイク云々は置いといて、一平太の処世術には見習うべき部分がたくさんあります。要はスネ夫的な生き方っすわウヘッヘへへ…(下種な笑い)

しかし、一平太も冒頭で行っている水商売の客引きって本当に大変そうですよねえ…
こないだススキノを歩いてたら、目の前のおじさんに客引きがしつこく声をかけてまして。
無視され続けた客引きがやおらヤケクソ気味に放った一言で場の空気が変わりました。
「どうですか~脱ぎっぱなし。脱ぎっぱなしのキャバクラ!」
最初は無視していたおじさんがその一言で目の色を変えグルリと振り向き、「なにィ!!ナニっぱなしィ??!!」と喰い付き絶叫。ものすごい男らしかったです。

担当 いわき
  1. 2009/07/19(日) 12:00:00|
  2. 雑誌

ご注意点

掲載の情報が販売情報の場合
  • 掲載商品についてのお問い合わせは(指定がある場合は上記コメント内に記しておりますのでご確認ください)開店30分後からの受付となっております。各店の開店時間は、店舗情報にてご確認ください。
  • 掲載の商品は店頭でも販売するため売り切れる場合がございます。
  • 商品の探求は、専用の探求フォームをご利用ください。
掲載の情報が買取情報の場合
  • 掲載の買取価格は商品状態、在庫によって予告なく変動します。

お問い合わせ (営業時間:12:00~20:00)

まんだらけ 札幌店(詳しい店舗地図はこちら)
〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1 NORBESAビル2F
TEL 011-207-7773 / e-mail sapporo@mandarake.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。