まんだらけ 札幌店 ヴィンテージ 毎日入荷情報

思い出探し、未知への挑戦、果ては夜のお供まで…出来る限りあなたのお力添えになりたい。笑顔の為ならひと肌脱ぎます。 おゝい・いわき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

劇画アリス A-4

劇画アリス劇画アリス A-4
株式会社アリス出版
発行年月日記載なし
状態:しみ
525円

店長に毎日ヴィンテージの更新を代わってもらってまで行ってきた所用が終わりまんだらけに戻ってきました。ドキッ!チャンネー(お姉さん)だらけのフェティッシュパーティーにコソコソ遊びに行ってきました。ということで今日も元気にエロ劇画雑誌マラソン続行です。

エロ劇画雑誌の中でもニューウェーブ色の強いこちら、劇画アリス。
本誌のおすすめはまず、田口智朗先生の短編です。
ぱっと見で「うわ…キてる…」というクセのある画風。田口トモロヲ、と書いた方がわかりやすいかもしれませんね。つーかわかりやすいですね。
ドリルのち●ぽで鉄男に主演したりみうらじゅんと組んでみたりアイデン&ティティの監督をしてみたりばちかぶりだったりしたあのトモロヲ氏です。エロ劇画まで描いてました。さすがというかなんというか…抜かりないですね。

もうひとつのおすすめは、清水おさむ先生の作品。知る人ぞ知る異色の作家ですが、これはニューウェーブを越えてしまった何かを感じますね。
アリスの作風や清水おさむの人となりを良く知らずに、エロだけを期待して本誌を買った人が、
清水おさむ

こんなシーン見たらどうなるでしょうか。どんなに元気にそそり立ったマイサンも萎縮する気がします。
しかもこういう感じの見開きがあと何回かあります。1話の中でです。すげえ…

エロ劇画雑誌マラソンも今日でちょうど1週間…出してないのがまだまだありますし、入荷も日々ありますので今後もしばらくおつきあいくださいませ。

担当 いわき
  1. 2009/06/14(日) 12:00:00|
  2. 雑誌

ご注意点

掲載の情報が販売情報の場合
  • 掲載商品についてのお問い合わせは(指定がある場合は上記コメント内に記しておりますのでご確認ください)開店30分後からの受付となっております。各店の開店時間は、店舗情報にてご確認ください。
  • 掲載の商品は店頭でも販売するため売り切れる場合がございます。
  • 商品の探求は、専用の探求フォームをご利用ください。
掲載の情報が買取情報の場合
  • 掲載の買取価格は商品状態、在庫によって予告なく変動します。

お問い合わせ (営業時間:12:00~20:00)

まんだらけ 札幌店(詳しい店舗地図はこちら)
〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1 NORBESAビル2F
TEL 011-207-7773 / e-mail sapporo@mandarake.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。