まんだらけ 札幌店 ヴィンテージ 毎日入荷情報

思い出探し、未知への挑戦、果ては夜のお供まで…出来る限りあなたのお力添えになりたい。笑顔の為ならひと肌脱ぎます。 おゝい・いわき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ほるまりん メダロット全巻セット

m11.jpgm13.jpg












m22.jpgm23.jpg












m3.jpgm4.jpg












m5.jpgmG.jpg







90年代末、おそらくその頃のボンボン読者の誰もが「!?」ったマンガといえば
「メダロット」(ほるまりん) 「ロボットポンコッツ」(タモリはタル) そして「クロスハンター」(カイマコト)。
本当にそれぞれ絵柄が独特すぎました、正直付いて行けない子どもたちはいたでしょう。

メダロットは動き、表情、台詞、コマにある空白、全シーン普通に見えていてなぜか違和感がある。
当時はあまり好きになれませんでしたが考えてみるとありふれた物語を拒む
ボンボン作家陣の中でも珍しく長期連載、つまり「独特さか万人向け…どっちを取る?」
という2択で「両方」という答えを出す事に成功している。

ポンコッツは言わずもがなデカすぎる乳首やふともも、飛び出した目とほっぺた。
これをオリジナリティと感じず何をオリジナリティと呼ぶのか?
「萌え意識」から遠くないように見えて、とんでもなく遙か遠くに位置していました。

おもしろくないギャグと笑えるシリアスを織り交ぜるという方法論が新しかったクロスハンター。
J-POP(渋谷系)で言うとテトラプルトラップがフリッパーズギターみたいな曲を作ったように
カイマコトは西遊記みたいなマンガのようなマンガを作った。
結果、単行本未発売のまま現在に至るわけです。

さて、今回ご紹介はそのうち最も長くボンボン誌上に居座り続けたメダロットの全巻セットです。
当然全巻と言うのは「メダロット」「メダロット2」「メダロット3」「メダロット4」「メダロット5」「メダロットG」の6シリーズ全巻のセット。
これでほるまりんのメダロットをコンプリートできます。
勢いに任せて後先考えずにぜひどうぞ!



状態:(並各若干のダメージあり)
メダロット2 5巻背小ヤケ
メダロット3 各巻カバー折れ
価格:12,345G(円)

担当 せきロ
  1. 2009/05/29(金) 20:33:55|
  2. 5月30日(土)【四周年祭】ROAD

ご注意点

掲載の情報が販売情報の場合
  • 掲載商品についてのお問い合わせは(指定がある場合は上記コメント内に記しておりますのでご確認ください)開店30分後からの受付となっております。各店の開店時間は、店舗情報にてご確認ください。
  • 掲載の商品は店頭でも販売するため売り切れる場合がございます。
  • 商品の探求は、専用の探求フォームをご利用ください。
掲載の情報が買取情報の場合
  • 掲載の買取価格は商品状態、在庫によって予告なく変動します。

お問い合わせ (営業時間:12:00~20:00)

まんだらけ 札幌店(詳しい店舗地図はこちら)
〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1 NORBESAビル2F
TEL 011-207-7773 / e-mail sapporo@mandarake.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。