まんだらけ 札幌店 ヴィンテージ 毎日入荷情報

思い出探し、未知への挑戦、果ては夜のお供まで…出来る限りあなたのお力添えになりたい。笑顔の為ならひと肌脱ぎます。 おゝい・いわき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

星屑劇場4 ピエロの涙 マヤのぼる

※ただいまご紹介の作品は、イベント当日販売作品ではありません。即通販可能・取置可能商品です。
【四周年祭】関連商品は、こちらの「【四周年祭】掲載商品一覧」、または右カテゴリの「5月30日(土)【四周年祭】ROAD」に多数掲載されております。


ピエロの涙星屑劇場4 ピエロの涙/マヤのぼる
東京漫画出版社
発行年月日記載なし
状態:並/貸本

マヤ先生の作品はネタ的にではなく本当に面白いですねえ。昨日ご紹介しました胡桃の十字架にしろ本作にしろ、ヒロインの意思がしっかりしているのがとてもよいです。
チンピラにからまれていた京子を助けたボクサー志望の大介。それをきっかけに二人は仲良くなりますが、京子は良家の社長令嬢。一方大介は天涯孤独の身…身分の違いから京子の両親に反対され、二人の仲はうまくいきません。
そういったすれ違いが恋心を燃え上がらせるのはまあ定説なんですけど、本作のヒロイン・京子は意思のとても強い子で、両親という絶対的な存在にしかれたレールにはむかおうとします。それも、反抗期的感情からではなく、しっかりとした自分の考えによって。
そのたたかう京子の姿が健気ながらとても力強く、そしてものすごくかわいらしいです。マヤ先生の絵柄がかわいらしいっていうのもあるんですけどね。

含みを持たせたように余韻をのこし終わるラストもとてもいいです。映画みたい。

三歩さがって男性のあとをついてゆくような慎ましい女性ももちろん素敵なんですが、やはり明確に自分の意思をしっかり持っている女性が断然素敵だと感じるのはいまどきの考え方なんですかね。
だからしずちゃん(ドラえもん)やみよちゃん(キテレツ)よりも、魔美(エスパー魔美)やルナ(21エモン)が好きです。

担当 いわき
  1. 2009/05/26(火) 11:35:23|
  2. 5月30日(土)【四周年祭】ROAD

ご注意点

掲載の情報が販売情報の場合
  • 掲載商品についてのお問い合わせは(指定がある場合は上記コメント内に記しておりますのでご確認ください)開店30分後からの受付となっております。各店の開店時間は、店舗情報にてご確認ください。
  • 掲載の商品は店頭でも販売するため売り切れる場合がございます。
  • 商品の探求は、専用の探求フォームをご利用ください。
掲載の情報が買取情報の場合
  • 掲載の買取価格は商品状態、在庫によって予告なく変動します。

お問い合わせ (営業時間:12:00~20:00)

まんだらけ 札幌店(詳しい店舗地図はこちら)
〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1 NORBESAビル2F
TEL 011-207-7773 / e-mail sapporo@mandarake.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。