まんだらけ 札幌店 ヴィンテージ 毎日入荷情報

思い出探し、未知への挑戦、果ては夜のお供まで…出来る限りあなたのお力添えになりたい。笑顔の為ならひと肌脱ぎます。 おゝい・いわき

ふた子のモンチッチ大図鑑 講談社のテレビ名作えほん

これより5月30日(土)【四周年祭】までの間、【四周年祭ROAD】と題しまして、毎日力の限りご紹介します。その出し尽くしている模様は後ほどご報告差し上げます。

※ただいまご紹介の作品は、イベント当日販売作品ではありません。即通販可能・取置可能商品です。
【四周年祭】関連商品は、こちらの「【四周年祭】掲載商品一覧」、または右カテゴリの「5月30日(土)【四周年祭】ROAD」に多数掲載されております。


モンチッチふた子のモンチッチ大図鑑
講談社のテレビ名作えほん
1981年10月25日第1刷発行
状態:並/小汚れ小いたみ
3,675円

なつかしいですねえモンチッチ。ギリギリですが世代です。
幼い私におばあちゃんが買ってくれたモンチッチ人形。正直子どもの頃は「かわいくねえなあ…」と思っていたんですが大好きなおばあちゃんの買ってくれたものだし…と思いしぶしぶ遊んでいました。
でも今見るとなんかすごいかわいいですね。この上目遣いが母性本能をくすぐりまくりです。こりゃあ抱っこしてえわ。

この1冊、最初は「モンチッチのすきなたべものをしらべてみました!」とか「モンチッチといっしょにケーキをつくろう!」とか絵本らしい内容が続くんですが、
途中から「モンチッチハウス」(当時モンチッチ人形と一緒に販売されていたドールハウス。私コレ持ってました)が登場しはじめたあたりからだんだん空気が怪しくなり始め、最終的には「モンチッチがいっぱい」と銘打ったただのモンチッチ関連商品紹介ページになります。その数なんと7ページ。
まずは絵本を読む子どもから狙い、子どもからその親へと刷り込む作戦ですね。大人って…

ちなみにこの一世を風靡したモンチッチ、製作したのはあの「momokoドール」を製作したのと同じセキグチです。いつの時代も人気のデザインを先取りしてたってことですね。やるなあ。

担当 いわき
  1. 2009/05/25(月) 11:09:18|
  2. 5月30日(土)【四周年祭】ROAD

ご注意点

掲載の情報が販売情報の場合
  • 掲載商品についてのお問い合わせは(指定がある場合は上記コメント内に記しておりますのでご確認ください)開店30分後からの受付となっております。各店の開店時間は、店舗情報にてご確認ください。
  • 掲載の商品は店頭でも販売するため売り切れる場合がございます。
  • 商品の探求は、専用の探求フォームをご利用ください。
掲載の情報が買取情報の場合
  • 掲載の買取価格は商品状態、在庫によって予告なく変動します。

お問い合わせ (営業時間:12:00~20:00)

まんだらけ 札幌店(詳しい店舗地図はこちら)
〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1 NORBESAビル2F
TEL 011-207-7773 / e-mail sapporo@mandarake.co.jp