まんだらけ 札幌店 ヴィンテージ 毎日入荷情報

思い出探し、未知への挑戦、果ては夜のお供まで…出来る限りあなたのお力添えになりたい。笑顔の為ならひと肌脱ぎます。 おゝい・いわき

土屋信吾 ラブフィーバーと欲情列車

これより5月30日(土)【四周年祭】までの間、【四周年祭ROAD】と題しまして、毎日力の限りご紹介します。その出し尽くしている模様は後ほどご報告差し上げます。

※ただいまご紹介の作品は、イベント当日販売作品ではありません。即通販可能・取置可能商品です。
【四周年祭】関連商品は、こちらの「【四周年祭】掲載商品一覧」、または右カテゴリの「5月30日(土)【四周年祭】ROAD」に多数掲載されております。


ラブフィーバー欲情列車















左から
ラブ・フィーバー 土屋信吾官能珠玉集/土屋信吾
日本文芸社 ゴラクコミックス
昭和58年7月25日発行
状態:並、少しみ

欲情列車/土屋信吾
サン出版 ジョイコミックス
昭和54年9月1日発行
状態:並

欲しいのはムッチリしたこの体さ!
ってことで土屋信吾です。
いまではすっかりバカエロ大好物ですが、生まれて初めて「バカエロ」というものに触れたのはこの土屋先生の作品でした。
作中で突然綱渡りとか始めるので「なにこれ…!!」と恐れおののいたんですが、慣れると読めば読むほど笑えました。
今回久しぶりに読んでみたんですが、まんだらけに入って色々良質のバカエロを読む機会にめぐまれていたせいか
う~ん…ところどころポーズが妙だったり台詞が変だったり射精の描写がおもしろかったりするけども、ブリブリとよいツーケー(お尻)だしなかなかにエロとして成立しているのでは…?と思いかけていたんですが、
「欲情列車」の第1話目ですぐ噴出し我に返りました。
棺おけの中から満面の笑みで大量の花とともにプロポーズする男!
そしてそれを同じく満面の笑みで快諾する女!
始まりはレイプ、ラスト棺おけ、でもまさかのハッピーエンド!
ああ…これだよお土屋作品はァ…!とたぎりましたよね。どんなストーリーでも読後朗らかにあかるい気持ちになれるエロ劇画です。

担当 いわき
  1. 2009/05/23(土) 20:31:16|
  2. 5月30日(土)【四周年祭】ROAD

ご注意点

掲載の情報が販売情報の場合
  • 掲載商品についてのお問い合わせは(指定がある場合は上記コメント内に記しておりますのでご確認ください)開店30分後からの受付となっております。各店の開店時間は、店舗情報にてご確認ください。
  • 掲載の商品は店頭でも販売するため売り切れる場合がございます。
  • 商品の探求は、専用の探求フォームをご利用ください。
掲載の情報が買取情報の場合
  • 掲載の買取価格は商品状態、在庫によって予告なく変動します。

お問い合わせ (営業時間:12:00~20:00)

まんだらけ 札幌店(詳しい店舗地図はこちら)
〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1 NORBESAビル2F
TEL 011-207-7773 / e-mail sapporo@mandarake.co.jp