まんだらけ 札幌店 ヴィンテージ 毎日入荷情報

思い出探し、未知への挑戦、果ては夜のお供まで…出来る限りあなたのお力添えになりたい。笑顔の為ならひと肌脱ぎます。 おゝい・いわき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手塚治虫「ながい窖(あな)」掲載短篇集「空気の底」上下巻セット

--------------------------------------------------------------------------------------------
こちらの商品は売り切れました。ありがとうございました。
--------------------------------------------------------------------------------------------


画像クリックで通販頁にジャンプします。

クリックで通販頁へ

手塚治虫先生の短篇集「空気の底」上下巻セット。
どちらかといえば大人向けの作品が中心で入っており、それぞれに読み応えがあります。
ところで、下巻に入っている「ながい窖(あな)」という短篇、ご存知でしょうか?

ながいあな01
ながいあな02
ながいあな03

手塚先生が描く在日朝鮮人の話です。
かつて差別を受けながら強制労働をさせられながらも現在は帰化し、大企業の取締役となった主人公・森山。
朝鮮料理という言葉を聞いただけで眩暈を起こしたり、自社を受けにきた朝鮮人青年を国籍だけで不採用にしたり…
過去の経験は深い傷となって残り、恐れのあまり同胞の朝鮮人を差別してしまうのです。
そんな森山が、ひょんな事から生き別れの母を探す為に密入国してきた青年・除を匿う事になります。
自分がもともと朝鮮人だという事すら忘れたい森山にとって、除は目の上のタンコブでしかないのですが…

というお話。
画像でもお分かり頂けるかとは思いますが、強制労働のシーン等はかなり過激な描写。
結末は直接読んで頂きたいとして、内容に賛否はあると思うのですが、
70年代当時の「手塚先生の目から見た『在日朝鮮人』という問題」が描かれているのは確か。
現時点ではこちらのサンミリオンコミックス下巻(後に出た新装版からは未掲載)、
あとは初出のサンデー毎日1970年11月6日増刊号「劇画とマンガ 第4集」のみでしか読むことが出来ません。
そして、今後もおそらく復刻されたりすることはなさそうです。

各巻ビニカバ小イタミ(薄いタイプなのでイタミやすいです)、小口小ヤケあり。
ショーケースにお出しします。

ちなみに他にも色々出してますので、こちらも是非…
コミックはこちら→【札幌店ヴィンテージコミック通販】
まんが雑誌はこちら→【札幌店ヴィンテージ雑誌通販】
資料系同人誌はこちら→【札幌店資料系同人誌通販】
テレビ絵本はこちら→【札幌店テレビ絵本通販】
児童書はこちら→【札幌店ヴィンテージ児童書通販】

ご来店、お問い合わせ、通販のお申込み、お待ちしてます。

担当 いわき
  1. 2013/12/15(日) 21:00:00|
  2. 漫画

ご注意点

掲載の情報が販売情報の場合
  • 掲載商品についてのお問い合わせは(指定がある場合は上記コメント内に記しておりますのでご確認ください)開店30分後からの受付となっております。各店の開店時間は、店舗情報にてご確認ください。
  • 掲載の商品は店頭でも販売するため売り切れる場合がございます。
  • 商品の探求は、専用の探求フォームをご利用ください。
掲載の情報が買取情報の場合
  • 掲載の買取価格は商品状態、在庫によって予告なく変動します。

お問い合わせ (営業時間:12:00~20:00)

まんだらけ 札幌店(詳しい店舗地図はこちら)
〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1 NORBESAビル2F
TEL 011-207-7773 / e-mail sapporo@mandarake.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。