まんだらけ 札幌店 ヴィンテージ 毎日入荷情報

思い出探し、未知への挑戦、果ては夜のお供まで…出来る限りあなたのお力添えになりたい。笑顔の為ならひと肌脱ぎます。 おゝい・いわき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

梶原一騎晩年の作品

劇画 中野喜雄 原作 梶原一騎 「人間兇器」
805.jpg
画像クリックで通販頁にジャンプ。


「黄金バットが嫌いだからよ」
1巻で主人公の美影義人が警察の取調べで言い放った一言。

ナレーションにもあるようにこの一言が
この物語に流れる波乱をきわめる未来を暗示するものであります。
 
まず主人公、中学生の筈なのに貫禄たっぷりの悪ぶれかたが爆発してまして、物語冒頭、急転直下即効で
少年鑑別所にぶちこまれて入所早々、豚小屋で強姦してケツバックでぶちこんでます。

カラテ地獄変にも通ずる、いや酷似している!?世界観がありまして、
己の肉体および精神をカラテを通じて文字通り人間兇器にするために数々の悪行を
重ね鍛えていく大河ドラマであります。

週刊漫画ゴラクで1971年1月から連載され1983年6月で
梶原一騎病気の為1年半の休載。
その後、連載が再開され完結されました。
1987年1月21日梶原一騎永眠。

梶原一騎原作の漫画って何で皆、絵が似通ってくるんでしょうかね。
原作に溢れる凄まじいパワーがそうさせるんでしょうか。

人間兇器 
日本文芸社
全23巻セット
状態・1巻ワレ、3・5・7巻ノドワレ、4・9巻背ハズレ、13巻シミ
価格・12,600円


担当・田村
   
  1. 2011/08/05(金) 21:00:00|
  2. 漫画

ご注意点

掲載の情報が販売情報の場合
  • 掲載商品についてのお問い合わせは(指定がある場合は上記コメント内に記しておりますのでご確認ください)開店30分後からの受付となっております。各店の開店時間は、店舗情報にてご確認ください。
  • 掲載の商品は店頭でも販売するため売り切れる場合がございます。
  • 商品の探求は、専用の探求フォームをご利用ください。
掲載の情報が買取情報の場合
  • 掲載の買取価格は商品状態、在庫によって予告なく変動します。

お問い合わせ (営業時間:12:00~20:00)

まんだらけ 札幌店(詳しい店舗地図はこちら)
〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1 NORBESAビル2F
TEL 011-207-7773 / e-mail sapporo@mandarake.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。