まんだらけ 札幌店 ヴィンテージ 毎日入荷情報

思い出探し、未知への挑戦、果ては夜のお供まで…出来る限りあなたのお力添えになりたい。笑顔の為ならひと肌脱ぎます。 おゝい・いわき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

見よ!ウルトラ怪奇シリーズ

昨日はマイケルの追悼式でしたね。当店にもマイケルを悼んで喪に服すスタッフも増えている今日この頃です。

マイケルつながりとして、「12の三四郎」から「関の弥太っぺ」まで愛している私にとって、小林まこと作「What's Michael?」ももちろん大好きです。
お笑い芸人の「1枚、2枚、3マイケル!!」のまいけるも、NHK教育の音楽番組の「うたっておどろんぱ」 に“ひでき”として出ていた頃から好きでした。しかし途中からテルに代わりましたが、すぐに慣れました・・・ こーじ好きでした。
他にマイケルといえば、クワッドギターのマイケル・アンジェロですが、ギター小僧はぜひ「Speed Kills」あたりを見てもらって「普通に働こう」と人生転換を決めるに良い教材です。

という事で、私ももちろんマイケルが好きでした・・・。

マイケルといえば、様々なユメをみせてもらいました。駄・・・迷作のメガドラ「ムーンウォーカー」はほんとにケッタイな○○ゲーでしたね。ダンスして敵をたおし、最終面では自らがロボットになってビーム発する、最高のク○ゲーでした。最近当店でソッコーで売れてしまいました。皆さんお手の早い事で。
同じ「ムーンウォーカー」というタイトルの映画もありましたね。とにかくマイケルバンザイな内容でしたが、その辺りのマイケルを作り上げたと言っても過言ではない敏腕マネージャーといえば、フランク・ディレオでしたね。彼があってこその「Thriller 」や「BAD」だったんですよね・・・。
フランク・ディレオ・・・ディレオ・・・レオ・・・・

レオーという事で、つながったので、れお作品のご紹介です。

見よ!ウルトラ怪奇シリーズ












レオのオープニングはやっぱり、♪戦え~ よりも 燃ーえーろレオ!燃えろよー のほうが好きなんすよ。

それでは本日も、いつも通り毎日ヴィンテージ特撮コーナーいってみましょう。

皆さんも大好きと思われます、ウルトラマンレオの台本が入荷されました。毎日オークションに出品中なんです。
タイトルは北海道民にとっても馴染み深い、「見よ!ウルトラ怪奇シリーズ」というケッタイな、やっつけシリーズですが、北海道編の一話目は、今回出品させてもらいました半漁人です
いきなり北海道の猟師が海坊主(うちの店のじゃないぞ)といわれていたボーズ星人の撲殺から始まる名高い名シーンです。↑の画像でご確認ください。ちなみに↑の画像は、テレビマガジンデラックス10ウルトラマンレオ超百科(当店在庫あり、カバーいたみ2,100円)の1ページです。
ちなみに海坊主、またの名を半漁人、本名ボーズ星人は円谷コミュニケーションズよりソフビが発売されておりましたよ。・・・当店にはありませんでした。他のまんだらけにならありますよ。



その翌週の、牡牛座が子熊座をいたぶるボックの話は、私は地元民でありながらお金がなくて行ったことがなかった「手稲ハイランド」ほか近郊にて撮影されておりました。とにかく牡牛を擬人化してしまうと、いかつい山男のような人間になってしまいますよね。そう、金牛宮のタウラス(牡牛座)のアルデバランなんかは210cm体重130kgで、やっぱり山男以上です。誌面的にはキャプテン翼の次藤洋ばりのでかさです・・・
そんなレオに出てくる山男ですが、話とちゅうに正体を現し怪獣ドギューになりました。ドギューの造形はどこからも発売されていないような気がします。ご興味がありましたら、コンプレックスの7階に聞いてみてください。ありましたら欲しいですね。
ところで子熊編ですが、ボックが大事にしていた小熊をころした報いで、ボックがほうったユリみたいな花が巨大化して、目に突き刺さり盲目となり、壮絶な最期を遂げました。ボックはそのままの形で宇宙にとんでいきました・・・

マイケルおよびレオ北海道編について語らせると止まらないのでこんなところでお終いにしまして、内容は台本を落札されてご確認くださいますようお願いいたします。。

そのうち、北海道篇最終話の女神の話ごしょうかいしますねええ。

担当:おゝい


スポンサーサイト
  1. 2009/07/09(木) 18:10:38|
  2. 特撮台本

ご注意点

掲載の情報が販売情報の場合
  • 掲載商品についてのお問い合わせは(指定がある場合は上記コメント内に記しておりますのでご確認ください)開店30分後からの受付となっております。各店の開店時間は、店舗情報にてご確認ください。
  • 掲載の商品は店頭でも販売するため売り切れる場合がございます。
  • 商品の探求は、専用の探求フォームをご利用ください。
掲載の情報が買取情報の場合
  • 掲載の買取価格は商品状態、在庫によって予告なく変動します。

お問い合わせ (営業時間:12:00~20:00)

まんだらけ 札幌店(詳しい店舗地図はこちら)
〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1 NORBESAビル2F
TEL 011-207-7773 / e-mail sapporo@mandarake.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。